税理士を雇うタイミングはいつ?メリットや必要なケースもあわせて解説

こんにちは、植村拓真(うえむら たくま)です。

税理士を雇うタイミングについて考えている方は、すでに以下の内容をご存知かと思います。

税理士を雇うことには、多くのメリットがありますが注意点もあります

 

吹き出し 画像
なんとなくでしか知らない…

そんな方は、冒頭でお話するのでご安心ください。

今回は、税理士を雇うタイミングについてメリットや税理士が必要なケースとあわせてお話します。

税理士を雇うメリットとは?何をお願いできる?

税理士を雇うメリット お願いできること 画像

税理士を雇う一番のメリットは、ご自身の事業に集中できることです。

顧問税理士と契約を結べば、ご自身で確定申告や決算について調べたりさまざまな書類を作成したりする手間が省けます

 

たとえば、ご自身で確定申告を行う際、正しく申告するための知識と申告書を作成する時間が必要です。

正しく申告するための知識がなければ、修正申告を行わなければなりません

 

そして、申告書を作成している間は事業に時間を割けません。

ですので、税理士費用を支払ってでも事業に集中する方が効率良く稼げる方は、顧問税理士を探してみましょう。

 

顧問税理士の主な業務内容は、以下のとおりです。

業務 内容
税務書類の作成 自治体に提出する書類の作成
税務の代理 税金の申告や届け出、税務調査の立会い など
税務に関する相談 税金の申告や税務調査など、税務に関する具体的な相談に応じる

 

植村会計事務所 プロフィール画像
植村拓真
事務所によって業務内容が多少異なります
顧問契約を結ぶ前に確認しておきましょう

税理士の役割は、納税者をサポートして申告納税制度を推進することです。

そのため、顧問税理士の主な業務内容は上記のような内容となります。

 

さらに、

  • 融資の対策
  • 資金調達支援
  • 経営のサポート
  • 節税対策の提案
  • 給与計算
  • 記帳代行
    など

さまざまなサービスを提供して、納税者をフルサポートしています。

上記のサービスをすべて受けられるのは、税理士と顧問契約を結んだ場合です。

 

【確定申告は難しい】テレワークの助成金を確認
個人事業主
確定申告だけ代行してもらいたい

そんな単発で仕事を依頼したい方は、税理士とスポット契約を結びましょう

税理士とスポット契約を結べばワンポイントで仕事を依頼できるので、気軽に問い合わせてみましょう。

 

確定申告前に準備する書類|個人事業主
事業主
顧問契約かスポット契約か決めかねている

そんな方は以下の記事に目を通して、どちらにすべきかを検討してみてください。

税理士を雇う必要があるケース

税理士を雇う必要があるケース 画像

吹き出し はてなマーク 画像
事業主
自分は本当に税理士を雇う必要がある?

上記のように悩んでいる方が多いのではないでしょうか。

 

本項目ではそんな方に向けて、税理士を雇う必要があるケースについてお話します。

税理士を雇うかどうか判断するうえで、参考にしてみてください。

個人事業主で売上が伸びている

個人事業主で税理士を雇うべきか悩んでいる方は、売上が伸びてきている方だと思います。

確定申告前に準備する書類|個人事業主
事業主
会計処理が面倒臭い
事業に集中したい
【丸投げする前に確認!】確定申告が必要な人とは?
事業主
納税額が増えてきたので
節税対策を徹底したい

売上が伸びてくると、上記のように考え始めますよね。

 

確定申告を行うためには、

  • 税金に関する知識を学ぶ時間
  • 会計処理を行う時間
  • 確定申告の手続きを行う時間
    など

上記のように多くの時間が必要になります。

 

売上が伸びておりご自身の事業に集中したい方は、税理士に普段の会計処理から依頼しましょう。

確定申告のために時間を割く必要がなくなりますし、正確な申告を行えるので追徴課税などのペナルティが発生するリスクも回避できます

個人事業主で法人成りする

次に、個人事業主で法人成りを検討しているケースです。

 

会社を設立したいと考えている方は、税理士との顧問契約を検討しましょう。

普段の会計処理や決算作業などを行う際、専門知識が必要になりご自身だけでは手に負えなくなるからです。

 

借方や貸方、仕訳などの用語を聞いてもピンとこない場合は、税理士との顧問契約をおすすめします。

植村会計事務所 プロフィール画像
植村拓真
日商簿記を取得できるレベルの知識が必要になるので、
専門知識がない方は専門家に依頼して事業に集中しましょう!

 

そもそも法人成りすべきかどうか悩んでいる方は、弊所にご相談ください。

詳しく事業の状態などをお伺いしたうえで、法人成りすべきかどうかをご提案させていただきます。

植村会計事務所のサービスや顧問料について確認する

個人で売上が少ない

売上が少なく顧問税理士を雇う余裕がない場合は、スポットでの依頼を検討しましょう。

仮想通貨 吹き出し 画像
個人
仮想通貨の投資で100万円利益が発生した
サラリーマンが特定支出控除を申請する方法
サラリーマン
副業で月50万円ほど稼いだ

上記のようなタイミングで、税理士を雇うべきか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

 

税理士と顧問契約を結ぶほどでない場合は、スポット契約を結びましょう。

スポット契約なら、顧問契約時ほど税理士費用がかかりません

 

また、個人事業主で税理士を雇うほどではないと感じている方は、会計ソフトの利用を検討してみましょう。

会計ソフトを利用すれば、会計の知識がない方でも申告書を作成できます。

植村会計事務所 プロフィール画像
植村拓真
たとえば、個人事業主版のfreeeなら、
質問に答えるだけで申告書を作成できます!

税理士を雇う4つのタイミング

税理士を雇うタイミング 画像

事業主
税理士と契約を結んで事業に集中しよう!

上記のように税理士のサポートが必要だと考えている方は、本項目でお話するタイミングで顧問契約・スポット契約を結ぶ税理士を探してみましょう。

確定申告や決算申告の準備を行うとき

個人事業主であれば年明けに確定申告、法人であれば事業年度末に決算申告を行わなければなりません

先ほどお話したとおり、ご自身でも申告書を作成できますが専門知識と時間が必要です。

 

そこで税理士と顧問契約かスポット契約を結んでおけば、煩わしい雑務から解放されます

そして、正確な申告書を作成できるので、修正申告が必要になるリスクはありません

 

また、税理士と顧問契約を結んでおけば、状況に応じた適切な節税対策を提案してもらえます

売上が順調に伸びている方は、顧問契約も検討してみましょう。

 

税理士と顧問契約を結ぶべきか悩んでいる方は、お気軽に弊所までご相談ください。

状況に応じて、そもそも契約を結ぶ必要があるのかどのような契約を結ぶべきかをご提案させていただきます。

【無料】今すぐ税理士に相談する

 

個人事業主の方で確定申告を丸投げしたいと考えいる方は、以下の記事をご覧ください。

日本政策金融公庫の融資審査に落ちた際の対処法
個人事業主
確定申告を丸投げするといくらかかる?
吹き出し はてなマーク 画像
個人事業主
どうやって依頼するの?

上記のような疑問を解決できます。

資金調達が必要なとき

資金調達が必要な場合も、税理士に相談・依頼するタイミングです。

資金調達を行う際、ご自身の状況に応じた方法を選択して必要書類を準備する必要があるからです。

植村会計事務所 プロフィール画像
植村拓真
決算書
・税務申告書
・事業計画書
など
書類と準備時間が必要なので、

税理士と顧問契約を結ぶキッカケになります

 

たとえば弊所では、経理・節税・申告書作成業務だけでなく、創業融資・資金調達支援サービスも行っております。

創業融資・資金調達支援サービスを受けるメリットは、以下のとおりです。

  • 融資額が増えて融資までの期間が短縮される
  • 提出書類作成のサポートを受けられる
  • 公庫とのやり取りを代行してもらえる
  • 公庫担当者との面談時に同席してもらえる

上記はあくまで弊所の場合ですが、税理士を雇えば資金調達のサポートを受けられます。

 

ただし、資金調達のサポートは税理士の独占業務ではないため、得意でない税理士もいます。

税理士を雇う際は、資金調達のサポートが得意かどうかを確認しておきましょう。

法人成りを検討するとき

税理士との顧問契約は、法人成りを検討するタイミングで結ぶ方が多いです。

会社設立前に税理士を雇っておけば、法人成りをサポートしてもらえるからです。

 

会社設立を決心して色々調べてみたものの、専門用語が多く手続きも複雑なため

吹き出し はてなマーク 画像
個人事業主
本当にこれで合っているの…?
キャバクラ 経費 吹き出し 画像
個人事業主
足りない書類はない?

と感じる方が多いのではないでしょうか。

 

会社設立手続きを自分で行う5つのステップ|費用や流れについて解説の記事でも紹介しましたが、会社を設立するためには登記申請書や定款など、さまざまな書類の作成・提出が必要です。

法人成りを検討するほど売上が伸びている方であれば、手続きに時間をかけたくない事業に集中したいと考えているでしょう。

 

また、

吹き出し
個人事業主
法人成りのタイミングは本当に今でいいの?

と考えた方もいると思います。

そんな方は、一度税理士事務所・会計事務所に問い合わせてみましょう。

 

税理士事務所・会計事務所に相談すれば、状況に応じてどうすべきかを提案してもらえるケースがあります。

たとえば弊所では、

  • そもそも法人成りすべきか
  • 法人成りのベストタイミング
  • 顧問契約
  • 法人成り後の適切な節税対策
    など

お客様の状況に応じた提案をさせていただいております。

 

いくつかの税理士事務所・会計事務所に問い合わせて、ご自身に合った税理士を探してみましょう。

植村会計事務所のサービスについて確認する

事業継承するとき

事業継承する際も、税理士を雇う(変更する)タイミングだといえます。

先代から事業を継承する際、顧問税理士も引き継ぐことになるからです。

 

税理士は、先代との付き合いが長いほど高齢であるケースが多いです。

そのため、新経営者との年齢に差があり相談しづらいので新しい税理士を探す、といったケースがあります。

 

税理士も人間ですから、ご自身の性格と合う合わないがあります。

吹き出し 画像
事業主
相談しづらいな…

と感じたら、税理士事務所・会計事務所を探して相談してみましょう。

税理士を雇うタイミングもご相談ください

税理士を雇うタイミング 相談 画像

税理士を雇うタイミングは、

  • 確定申告や決算申告の準備を行うとき
  • 資金調達が必要なとき
  • 法人成りを検討するとき
  • 事業継承するとき

上記の4つであるとお話しました。

 

吹き出し 画像
申告書の作成が面倒
クレジットカード 経費 吹き出し 画像
創業融資の面談がひとりじゃ不安
吹き出し
法人成りの手続きが複雑で難しい
相談しやすい顧問税理士を探したい

そんな方は、税理士を雇ってご自身の事業に集中しましょう。

 

弊所では、有資格者の税理士本人

  • そもそも税理士を雇うべきか
  • どのタイミングで税理士を雇うか
  • どんな契約を結ぶべきか
  • 法人成りのベストタイミング
  • 法人成り後の適切な節税対策
    など

お客様の状況に応じた提案をさせていただいております。

税理士との契約についてお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

弊所サービスに関するご相談・お問い合わせは無料です。以下のフォームよりお気軽にご連絡ください。

原則365日対応、24時間以内に返信させていただきます。(全国対応)
お問い合わせフォーム